扶養控除は、子どもや親族を養うことで生じる負担を軽くするために設けられている税制度で、控除を受けると所得税や住民税が軽減されます。1人分の扶養控除がある場合、住民税は3万円近く軽減されることもあり、扶養している親族がいる人は忘れずに申請しましょう。 ちなみに、岡山市における認定基準は、12月31日時点で、 65歳以上である。 要支援2以上の認定を受け、寝たきり・認知症等心身の状況により身体障害者等に準ずる方(各福祉事務所長が、要介護認定資料等に基づき認定します。 被相続人の死亡時点での戸籍に入っている相続人様は、 。 ・市区役所・町村役場 5 相続人全員の 住民票※ 本籍地の記載があるものが必要となります。 ・市区役所・町村役場 -マイナンバー(個人番号)の記載は不要- 6 相続人の