※ 3月31日に改正法案が国会を通過したので本文の一部を追記・修正しました。 今国会では雇用保険や労災保険といった労働保険に関する重要な法改正が行われました。 雇用保険法等の一部を改正する法律案文・理由(リンク先pdf 出典:厚生労働省) 令和2年通常国会に厚労省から提出する改正法案 雇用保険法等の改正法案、年金関連法案など4本を予定(大臣会見) お気に入りに追加.

18日 9月 2019 2020年 法改正 雇用保険法 基本手当日額等 令和元年7月31日(水) 厚生労働省ホームページより 2019年12月現在、短時間労働者(パート)の社会保険への適用拡大を目指した法改正の動きがあります。 法改正の内容を簡単にいうと、特定適用事業所の要件について、これまでは被保険者数が501人以上の企業を対象としていたところ、これを51人以上の企業にまで拡大するというものです。 (ロ)雇用保険制度において、65歳までの雇用確保措置の進展等を踏まえて高年齢雇用継続給付を令和7年度から縮小する。 (2)複数就業者等に関するセーフティネットの整備等(労災保険法、雇用保険法、労働保険徴収法、労働施策総合推進法) 改正・審議・パブコメ. ホーム > 各種法令・制度・手続き > 法改正のご案内 > パートタイム・有期雇用労働法について(2020年4月1 ... 高年齢者雇用安定法の改正について(平成25年4月1日施行) h29.1 改正育児・介護休業法及び男女雇用機会均等法について. そして、この改正と合わせて、64歳以上の高齢労働者の雇用保険料の徴収免除措置については、令和2年3月31日までで廃止することが決まりました。 高齢労働者の雇用保険料の免除措置廃止への対応. 雇用保険法の一部改正については、おおむね昨年(令和元年)末の「雇用保険部会報告」に沿ったものとなっています(一部、明確になっていない項目もあります)。 →令和2年4月から段階的に施行予定. 65歳以上の短時間複数就業者に対する雇用保険の適用などを内容とした改正雇用保険法等が 3月31日の参議院本会議で可決、成立した。 「雇用保険法等の一部を改正する法律案」は今年2月4日閣議決定され、同日、国会に提出された。 【法改正】2020年4月から雇用保険高年齢被保険者の保険料免除が廃止されます 2020年4月2日 2020年4月3日 2017年(平成29年)1月1日より、それまで雇用保険の適用除外となっていた65歳以上の従業員も高年齢被保険者として、雇用保険の適用対象となりました。 雇用保険法等改正法案を提出へ 一方、今通常国会では、労働関連で 既にいくつかの法案審議が見込まれて いる。 まず、2月4日に閣議決定された「雇 用保険法等改正法案」は、①雇用保険 法、②労働保険徴収法、③高年齢者雇 ホーム > 各種法令・制度・手続き > 法改正のご案内 > パートタイム・有期雇用労働法について(2020年4月1 ... 高年齢者雇用安定法の改正について(平成25年4月1 ... 労働保険 関係. 2020年4月1日からは、これまで免除されていた64歳以上の方も63歳以下の方々同様、被保険者(従業員)負担分・事業主(会社)負担分ともに雇用保険料が徴収されることとなります。 h29.10 改正育児・介護休業法について. 労働基準関係.

雇用保険料は会社と労働者がともに負担するものです。 令和2年通常国会に厚労省から提出する改正法案 雇用保険法等の改正法案、年金関連法案など4本を予定(大臣会見) 2020/01/22.

現在位置: ホーム > 機構について > メールマガジン労働情報 > メールマガジン労働情報No.1584 > 2020年3月公布 > 雇用保険法等の一部を改正する法律(一四) 2020年3月31日