パートやアルバイトを雇用した時、社会保険(健康保険・厚生年金)に加入する義務があることをご存知ですか?バイト=扶養ではありません。社会保険の適用事業所や従業員の労働時間等、被保険者となる場合の条件と会社が行う手続きについて紹介します。

パート、アルバイトの社会保険加入条件、社会保険料の負担及び パート等の社会保険の適用拡大について詳しく説明しています。 1.労災保険 業務災害、通勤災害に関しては、農林水産の一部事業を除き、パート等にも適用されます。 個人事業主やスモールビジネス事業者であれば、パートやアルバイトの力を借りて、効率的に業務を行っていこうと考える方は少なくないでしょう。パートやアルバイトを雇った場合の社会保険と労働保険について解説します。 合同会社設立後にアルバイト・パートさんを雇った場合、労働保険と社会保険には入るのでしょうか? まず、法律では「・・・,アルバイト、パートの雇用保険と社会保険。札幌合同会社設立代行.comは、電子定款対応の行政書士が運営。電子定款、助成金のメール無料相談受付中。 国民皆保険制度が整備されている日本では、パートタイマーやアルバイトとして雇用されている人も、適用条件と加入条件を満たしていれば、事業所は社会保険に加入し、事業主は従業員に社会保険の被保険者の資格を取得させなければなりません。 社会保険とは、国が国民の生活を保障するために設けた公的な保険制度です。一定の条件を満たす国民は社会保険に加入して保険料を負担する義務があり、医療保険、年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険の5種類があります。 雇用保険は失業や育児・介護休業した際に手当や教育訓練などを受けられる制度です。平成28年度の法改正では、アルバイトやパートタイムなどの方の加入条件が「週20時間以上から対象」に変わりました。この記事では、アルバイトと雇用保険の関係についてご紹介します。 雇用保険と社会保険はセットで考えられることが多いですが、保障内容や加入条件が正社員・アルバイトでも違います。また、会社は通常雇用保険と社会保険に加入させる義務がありますので、もし未加入だった場合の対策も合わせて解説していきます。 社会保険とは、労働者が怪我や失業、加齢などにより働けなくなった場合に給付を受けるための制度です。具体的には、医療保険、年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険の総称です。非正規雇用、副業の社会保険の適用についても詳しく説明します。