「離乳食・幼児食に手づかみキッシュ☆冷凍可」の作り方。タンパク質と野菜とカルシウム入り。あとはおにぎりでもあればok。お出かけのお弁当にフォークいらずの手づかみメニューです。 材料:木綿豆腐 … 離乳食を手づかみ食べしないのはなぜ?進め方と中期後期レシピ. 離乳食の手づかみは、ママのイライラの原因の1つに挙げられるのですが、「うちの子、他の子のように離乳食を手づかみ食べしないけれど、大丈夫かなぁ」と、心配しているママも少なくありません。 離乳食〜大人まで。 じゃがいもは熱々のうちに潰す。 丸めづらいときは水を少量足して混ぜてから成形する。 保存目安は冷蔵で3日、冷凍で1ヶ月程度。 冷凍する場合は、たれを絡める前の状態のものを冷ました後、保存袋に入れて冷凍する。 離乳食をスタートしてから2ヶ月ほど過ぎると、赤ちゃんもママもだいぶ離乳食に慣れてきますよね。始めはうまく飲み込めずに口からこぼしていた赤ちゃんも、少しずつ上手に食べられるようになり始める頃でしょうか。そろそろ中期のレシピにステップアップしたい時期。 赤ちゃんが手づかみ食べを始めるころになったら離乳食におにぎりを取り入れてみましょう。ご飯に野菜や魚、肉などを混ぜるとおにぎりで栄養を摂ることができますよ。ただし離乳食用のおにぎりには軟飯を使うため、手にベタベタと付いてしまうのが難点です。