青函トンネルの計画時には、距離的に有利な東ルート(下北半島ルート)も検討されていましたが、水深が深いことと地質が軟弱なことから現行の西ルートでの建設に決まりました。 ここでは、東ルートで現実同様1988年に開通できたと仮定します。 青函トンネルは1988年に鉄道トンネルとして開通しました。車で通行することはできませんが、本州と北海道を結ぶ大事な交通機関のひとつです。世界で有数の海底トンネルとはどんな役割を果たしているのか。青函トンネルとはどんなトンネルか調べてみましょう。 )や青函トンネルにカートレインを走行させる方が現実的との意見もある 。 隧道案. 青函トンネル建設に関わった人々が「第2青函トンネル」を構想。総工費3900億円、建設期間は最低15年と具体的な数字も上がったその計画、どのような目的、内容なのでしょうか。構想を発表した「鉄道路線強化検討会」を取材しました。 青函トンネル建設計画が本格的に浮上 。 1955年(昭和30年)2月18日 津軽海峡連絡隧道技術委員会発足。 着工 1961年(昭和36年) 3月23日:建設開始。 月日不明:深海探査艇「くろしおii号」による海底調査を実施 。 1963年(昭和38年) 橋を架ける代わりに海底道路トンネル「青函第二トンネル」を建設するという構想もある。 青函トンネル#青函第二トンネル構想 を参照 津軽海峡大橋のルート 関西から旅行計画を立てています、拠点を函館にしようか、青森にしようか迷っています現地でレンタカーを借りるつもりですが、青函トンネルは電車のみでしょうか?車がもしとおれるなら、時間と金額を教えてください。電車の金額とどちら 海で隔てられた本州がわと北海道がわを繋ぐ、青函トンネルを通った経験ありますか?名前は知ってるけど実際に通行したことがない人も多いこのトンネル。車やバイクで通れるの?と疑問も湧いてきます。津軽海峡の青函トンネルは車で通れるか、そしてフェリーの渡り方もご紹介です。