飲食店開業に必要な資格 飲食店開業に最低限必要な資格は「食品衛生責任者」と防火管理者です。よく誤解されていますが、調理師免許はなくても飲食店の開業は可能です。 飲食店の開業に、実は調理師免許は必要ないと知っていましたか? 飲食店の開業を目指す人はたくさんいますが、よく誤解されていることが各種資格の有無です。 この記事では調理師免許を持っていることのメリットと、飲食店の開業に必須 […] よく誤解されているようですが、調理師免許を持っていないくても飲食店は開業できます。調理師免許を持っている料理人を雇う必要もありません。特段の資格が無くても、業務として調理をすることは可能です。 必ず必要なのは「食品衛生責任者」の資格です。 #調理師免許 #独学 #参考書 この記事では、法的には飲食店開業に「調理師免許」は必要ありませんが、ではなぜ取るのか?「必要性」について書いていきます。みなさんの参考になれば嬉しいです。 自分のカフェをオープンしたいから、調理師免許をとらなきゃ!と思っている方もいるのではないでしょうか。でも、調理師免許がなくてもカフェを経営することはできるんです。カフェ開業に必要な資格 … 飲食店に関係する資格には「栄養士免許」と「調理師免許」があります。 「栄養士免許」はその名の通り『栄養の指導に従事することを業とする者』 学校の給食など、栄養バランスを考えて献立を考えたり、食の世界ではなくてはならない存在です。

飲食店開業には様々な準備が必要になります。資金調達、物件探しやメニュー開発、スタッフ教育、広告・宣伝など、やらなくてはいけないことは多数、多岐にわたります。今回は、飲食店開業をするにあたり、一番最初に取得しなくてはならない資格や届け出について解説します。