「そうですね。ただ、投稿者は103万円の制度を『糞制度』と憤っているそうですが、逆に学生の場合には、勤労学生控除という『神制度』もあります。 この27万円の控除により、親の扶養親族からは外れても本人は給与収入130万円まで非課税となります。 学生のアルバイトも、やり方次第では月に10万円近く稼ぐことも珍しくありません。しかし学生であっても、たくさん稼げば、税金もそれだけ支払う必要がありますし、健康保険についても考えていかなければなりません。アルバイトで年収103万円を超えると、 扶養で130万超えるとどれくらい負担かかりますか?103万超えだと税金が上がる、130で扶養外れると言いますが絡まっています。 <現状>・親の扶養で年100万くらいですが掛け持ち始めたので135万くらいになるかもしれません。 【質問】学生がアルバイトをした場合、年間の収入によっては、 所得税がかかったり 親の扶養控除にも影響があるそうですが ・・・ 【答え】 学生の場合、 130万円以下の給料ならば所得税はかかりませんが 親が扶養控除の適用を受けるには、 給料を103万円以下にしなければなりません。 扶養家族の一員だった子供が、学生になってアルバイトをしたり自分で仕事をはじめたりすると、扶養を外れることがあります。 そして子供が扶養を外れると、親の税負担が増えたり給料が減ったりして、家計の手取り収入に影響がでることがあります。

悲劇1:親の扶養を抜けると「親」に10万円以上の負担増! 勤労学生控除は、実質的に年収103万円超130万円以下の場合に意味があります。 なぜなら、年収103万円以下の場合には、所得税がかからないか …