障害年金を受給したいけど20歳前傷病の場合一体どうしたらいいの?20歳前とは20歳に達した日より前に病気やケガのために初めて病院を受診した傷病のことを言います。今回は20歳前傷病で障害年金を請求する際の申請方法やポイントについて解説します! 「障害基礎年金」は、うちの息子のような知的障害を持つ人にとって、将来の生活資金源となる重要なものです。息子が通っている特別支援学校では、毎年のようにpta主催の「20歳前障害基礎年金の基礎知識」というセミナーが開かれます。なんで毎年?と思

厚生年金保険に加入している被保険者(65歳以上70歳未満で老齢または退職を理由とする年金の受給権を有する人は除く)に扶養される20歳以上60歳未満の配偶者(日本国内に住所を有する者)は、国民年金の第3号被保険者となります。 20歳になった方には、日本年金機構から、国民年金に加入したことをお知らせします。 ※厚生年金または共済年金に加入している方を除きます。 ※令和元年10月前に20歳になった方には、国民年金に加入するための手続きの案内を送付していました。 70歳以上であって厚生年金保険の適用事業所に新たに使用される人、又は被保険者が70歳到達後も継続して使用される場合で次の要件に該当する人を指します。 (対象要件) (ア)70歳以上の人 (イ)過去に厚生年金保険の被保険者期間を有する人

日本の国民年金は、20歳になった時点で強制加入となる年金制度です。現在の日本では20歳を迎える若者の約6割が学生です。国民年金は強制加入であるといいながら、20歳を迎える人が各々に手続きをしなければなりません。国民年金の加入って20歳を迎え 日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。