「36協定」に関する改正内容と新様式の記入例(厚生労働省) 2019年4月に時間外・休日労働に関する協定届(労基法36条に規定されているため通称「36協定」以下通称で表記)の様式・内容の変更が予定されています。変更のポイントは以下の2つです。 いうまでもなく、36協定の「特別条項」を悪用した長時間労働をさせてはいけません。 先述した特別条項による条件①~③に違反した場合には、罰則として「6か月以下の懲役」または「30 2019年の法律改正で、よく聞くようになった36協定の特別条項。具体的にどういうものかご存知でしょうか?手続きの仕方を間違えると違反になってしまいますので、気をつけなければなりません。今回は、36協定の特別条項とは何か、違反にならない手続きについて紹介します。 出典: 厚生労働省「スタートアップ労働条件」 特別条項の運用で注意すべき「罰則」と適応除外業務. すべてを記入すると以下のようになります。 ※画像をクリックすると拡大表示します。 【参考】厚生労働省「時間外労働の上限規制 わかりやすい解説」 締結の仕方や届出先(提出方法)は従来通り 36協定 新様式(特別条項)の記載例. 働き方改革によって、2019年4月から労働基準法が一部改正されます。 新しい法案に伴い、時間外労働に関する規定が従来よりも厳しいものになります。 ここでは、特に時間外労働と関連の深い「労働基準法36協… ,働き方改革によって、2019年4月から労働基準法が一部改正されます。