lan接続時に利用されるイーサネット規格はlanネットワーク内で使用する機器により自動切り替えが行われています。組み合わせによっては、思っていた速度のイーサネット規格(1000base-tなど)が使用されなくなり、通信速度が遅く(低下)なることもあります。 イーサネット規格は 伝送速度ごとにさらに分けることができます。 イーサネット. 伝送速度 10Mbps。 10BASE5(同軸ケーブル)、10BASE2(軽量同軸ケーブル)、10BASE-T(ツイストペアケーブル) ファスト・イーサネット. イーサネットLANでは機器同士で通信速度(10 or 100)や通信モード(全二重 or 半二重)を合わせて いなければ通信が不安定になります。 IEEE802.3uにより標準化されたオートネゴシエーション機能では 通信速度と通信モードを自動的に最適化します。 ファストイーサネットとギガイーサネット: 100Mbpsと1000Mbps. 伝送速度 100Mbps。 コンピュータネットワークにおけるファストイーサネットとは、元来のイーサネットの速度10Mbpsに対し、公称100Mbpsの速度でトラフィックを伝えるいくつかのイーサネット規格の総称です。

ボード3枚交換するも100Mbpsでつながらずすべて10Mbpsままでした、ただしVirtual Windows XPでの接続速度は100Mbpsとなり、どうもハード的にはOKで小生のWin7のソフト環境でのみ発生するようで … 100メガビット・イーサネット(ファストイーサネットまたはファーストイーサネット、Fast Ethernet)は、100Mbpsの転送速度のイーサネット。 ツイストペアケーブルを使用する場合、セグメント長は100m、光ケーブルを使用する場合セグメント長は412mで、リピータ・ハブ段数は2段までと … ギガビットイーサネットと呼ばれる1000BASE-Tの最大速度は、最大1Gbpsです。これまでイーサネットとして広く普及している100BASE-TXが最大100Mbpsであるのに対して、理論値では10倍の速さということになります。 イーサネットでは、10Mbpsの通信帯域を実現します。これは通信速度ではなく、通信量となります。 単位のbpsは「Bit Per Second」の略で、1秒間に1000万ビットのデータを送信することを意味します。 信号伝搬方式(ベースバンド)