Linuxのコマンドを「やりたいこと」でまとめました。「やりたいこと」を実行するためのコマンドと使用例を掲載しています。コマンドの基本を学びたい方は「Linuxコマンド道場」を参照ください。 差分バックアップというのは、初回バックアップとの差をバックアップするということです。 基本的に、日数が経つほど、バックアップ回数が増えるほどバックアップファイルの容量が大きくなっていきま … バックアップやコピーなどは、バッチスクリプトやフックスクリプトにすると忘れずに実行できます。リポジトリは、必ず専用のコマンドを使ってバックアップしてください。通常のファイルコピーでは、リポジトリの一貫性を保てない可能性があります。 Linuxは、同じことを何度も繰り返して、ボックスごとに異なる結果を得るので、私を怒らせます。 ( 私の前の質問を 参照し て ください)。 私にとって、最大の混乱の領域は、他の誰かがインストールしたマシンを引き継ぐことです(Webホスティング会社にサインアップするときのように)。 rsyncにチェックサムオプションを付けていますが実際にはいらないです。 diffで差分があることを確認しているためですね。 二重チェックのために入れておきました。

Windows環境でもLinux環境でも、ファイルやディレクトリを複製するコマンドは「cp」コマンドとなります。コピー(copy)の略なので覚えやすいですね。今回は実際の業務で多く用いられる「cp」コマンドの解説と、作業ミスをなくす複製の方法などをご紹介します。 Linuxコマンド「cp」とオプションの使い方(ファイルやディレクトリ・フォルダをコピーする) 2019/03/09 2019/06/28 16-36行目:差分があった場合の同期処理 38-48行目:全体のエラー判定. 差分バックアップと増分バックアップの違いについて、改めて整理します。それぞれのメリットや、どのような場合ならどちらの方が最適かなどについて説明します。