Macを使っていると、ふとした時に一時的なファイルを保存したり、インターネットから画像をダウンロードしたりするときに、デスクトップにファイルを置くときがあると思います。. 添付画像のように、Macのデスクトップの片隅に表示できるカレンダーアプリを探しています。添付画像のアプリはChrisCalenという名前のアプリです。これまで使っていたのですが、何故か実行ファイルが破損して起動しなくなってしまい、ま

デスクトップ画面で操作するアプリをすぐに起動したい場合、アプリのショートカットを追加する方法があります。デスクトップ画面でショートカットをクリックするだけでアプリを起動できるようになり … Macで開いているソフトやファイルを最小化させてデスクトップを表示するのは面倒でしょう。Macをより便利に利用するために、本記事はMacのデスクトップを素早く表示する小技とデスクトップを整理する方法を紹介します。 マックでデスクトップ画面を表示する方法をご紹介します。ウィンドウズなら「Windowsキー + D」を押すだけですよね。マックの場合も、ウィンドウズと同じくらい簡単。キーボードで操作する方法と、トラックパッドを操作する方法の2つがあります。

Dock上でいくつものアプリを開いていると、ウインドウ数が増えて見づらくなります。そこで本記事では、アプリで開いている全ての画面を一度に表示する方法を紹介します。具体的には、Macのトラックパッドに搭載される3つのジェスチャー機能を使って、 Mac OSに標準搭載の『Mission Control』とは、Macのデスクトップの操作スペース・現在開いているウインドウ・フルスクリーンで開いているアプリ・Split Viewなどを画面全体に表示できます。キーボードのショートカット・トラックパッド・マウスの操作で作業画面の切り替えが直感的に行えます。 Mac OS Xでデスクトップにアイコンを表示させなくする設定方法です。Macのデスクトップに配置しているアイコンは非表示にするということができます。この方法でアイコン自体は消えますが、あくまで『非表示』にするだけであって、削除するわけでは

Macでカレンダーの予定を確認したい時、カレンダーアプリをいちいち起動するのが面倒に感じることはありませんか? そんなときはMacのデスクトップ画面上にカレンダーを表示できる「Desktop Calendar Plus」を使うと便利です。

Macでは、表示されているデスクトップのアイコンを自分の好きな画像に変更することができます。 独自のピクチャはもちろん、Webからダウンロードしたアイコン、他のファイルやフォルダのアイコンをデスクトップアイコンとして使用することができます。 MacのLaunchpad(Dock内のロケットアイコンをクリック)は、使用可能なアプリケーションを表示したり開いたりする場所です。これはiPhoneのホーム画面に似ています。 そのときに、デスクトップにファイルのアイコンが表示されなくなったりすることありませんか? アプリがフリーズしたときの対処法として利用する強制終了ですが、OS X Yosemiteでは稀にアプリを強制終了してもDockアイコンの下に表示されるインジケータが消えずうまく終了してくれない不具合があります。Macを…

Macには「複数のデスクトップを持つ」という特殊な機能があります。1台のマシンで仮想のデスクトップを持つことで作業を効率化できる、使いこなすと便利な機能の1つです。 でも、どうやって使ってい …

Googleの提供するメール「Gmail」はブラウザから開く必要がありますが、毎回ブラウザを起動してからGmailにアクセスするのは面倒ですよね。この記事では、Gmailのショートカットを作成してデスクトップに表示する方法をご紹介しています。