書き込みが終わったら,USBを取り出します. $ diskutil eject /dev/disk2. MacOSX上でISOファイルからインストールUSBディスクを作る - re:inventing the wheel

一応,diskutil listで取り外されたことを確認して終了です. 参考. Mac OS Xでは特別なアプリをインストールしなくてもisoイメージを作成することができます。とても簡単にできるのでまとめておきます。作成したisoイメージはWindowsでも利用可能です。またisoイメージはBoot CampやVert 参考: MacでHDDをフォーマットする手順とエラー時の対処方法 最後に. ISOファイルの書き込み. 上図はMac用のダウンロードですが、WindowsでアクセスすればWindows用のダウンロードボタンが表示されます。 インストールも簡単なので、この辺は割愛します。 起動直後の様子。 「Select image」をクリックして、目的のISOファイルを選びます。 「Select target」をクリックして、USBメモリ、また … 今回はMacでUbuntu18.04LTSのブートUSBを作成しました。 これを使って自作したGPUを動かすOSをインストールしたいと思っていますが、その件についてはまた次回にでも書きたいと思います。 そんな時に便利なのがBootableUSBです! USBからブートするので, HDDの内容を変更せず別のOSを起動できるのです! 今回はUbuntuが記載しているBootable USB作成方法を参考に, USBのフォーマット方法を追加して紹介します. Macで isoファイルを使った Bootable USB …

ddコマンドを利用してISOイメージをUSBに書き込むわけですが、USBをフォーマットした状態では Finder上でマウントされたままなので以下のコマンドでアンマウントします。 $ diskutil unmountDisk /dev/disk2 Unmount of all volumes on disk2 was successful