Macのメンテナンスとしてクリーンインストールを用いる方法を計4回に分けてまとめてみた。「Macの調子が悪くてまっさらからやり直したい」「新しいMacで心機一転綺麗な環境を作りたい」という方は参考にしてほしい。僕は、ここに書いた内容を頼りにクリーンインストールを行なっている。 macOS 復元を使えば、起動ディスクを先に消去しなければならない場合でも、簡単に Mac オペレーティングシステムを再インストールできます。準備する必要があるのは、インターネット接続だけです。ワイヤレスネットワークを使える場合は、メニューバーの Wi-Fi メニュー から選択できます。 そんなときはMacの初期化(クリーンインストール)をします。 ハードディスクの中身の消去は短時間でできますが、再インストールは1〜2時間くらいかかります。とはいうものの、作業時間は簡単なので難しく考えることはありません。 この記事では、macOS Catalinaをクリーンインストールする方法をお伝えします。macOS Catalinaを快適に使いたい方は必見です。macOS CatalinaをインストールできるMac以下のMacにmacOS Catalin こんにちは。アシアルの牧野です。ものすごく久しぶりのブログです。最近、2018年に発売されたMac miniでLinuxを動かすために試行錯誤していました。新しい Mac mini にはT2セキュリティチップが搭載されていて、旧Mac miniのように簡単にLinuxをインストールすることができません。 MacにLinuxとWindowsの両方を入れてトリプルブートにする方法、というのを過去に紹介したことがありましたが、今回はそれに比べれば、かなりシンプルになっています! rEFItのインストールとMacのHDDのパーティション分割 Macを初期化・クリーンインストールする手順をご紹介します。Macを他人に譲渡・売却するときや、思わぬトラブルでmacOSを再インストールしたい時に役立ちます。 アップグレード・クリーンインストールを考える前に,よく使うアプリケーションがCatalinaに対応しているかは調べておきましょう.あまりオススメはしませんが,このStep3でアップグレードした段階で,一通りアプリケーションを使ってみるのも1つの手段です.

macOSでUSBメモリのブートディスク(起動ディスク)を作成し、macOSをクリーンインストールする方法を完全解説します。起動ディスクの作成から、クリーンインストール完了まで画面ショットつきで解説しますので、ご参考にしてください。