Time Machine のメニューに警告メッセージが表示されたり、まったくバックアップできない場合は、こちらの記事を参照してください。 Time Machine でバックアップは実行されているが、予想以上に時間がかかる場合は、以下の点をご確認ください。 Time Machineのバックアップが途中で止まってしまう症状に悩まされていました。あるときバックアップがなかなか進まないなーとか軽く思ってましたが、まったくバックアップできないとさすがに大問題。そこで今回とった対処法をメモしておきます。 Mac Time Machineがなかなか終わらないのでおかしいと思い調べてみましたが効果があったのはTime Machineの初期設定ファイルの削除でした。ただ、この設定ファイルを削除して作り直すと設定が初期化されるのでNAS serverの場所を再設定しなければ行けません。 Time Machineは復元できないリスクがあります。データが消えてからでは遅いので、Macユーザーの方はTime Machineを使わずに、バックアップを自動化する環境を構築することを強くオススメします。 MacでHDからSSDに交換(換装)する場合は「Time Machine(タイムマシーン)」でバックアップを取っておいて、それを新しいドライブに復元する手順がメジャーですが、今回はあえて「Time Machine」を使わない手順をご紹介したいと思います。