そこでフリーソフトを使ってMac用だった外付けHDD内のデータを Windowsに移したので、その手順などをご説明してみます。 ついでにデータ移行後に外付けHDDをフォーマット(初期化)して Blu-rayレコーダーで使うことにしたので、その手順も合わせて記載しておきます。 フリーソフト・HFSExplorerをインストール. WindowsパソコンでHFSExplorerのページにアクセスして 【 … 外付けのハードディスク(HDD)、もしくはSSD、USBメモリでもOKです。 臨時の起動ディスクなので容量も最低限で大丈夫です。 32GBほどあれば十分にうごきます。 おすすめは今は使わなくなったようなHDDやUSBメモリを使うことです。 今回はこちらの2.5インチSSDを使います。 CrucialのSSDを臨時にするのは贅沢ですね。 Crucial SSD 240GB 7mm / 2.5インチ BX500シリーズ. 私は現在、MacとWidows両方のOSを使用しているので、どうせならどちらのOSからもハードディスクを読み書きできるようにしたい。そこで、今回は外付けハードディスクをWindowsとMacで共有するための方法を紹介する。

Macで外付けHDDやSSDを使う場合、 基本的には上に書いたMacの形式でフォーマットしてある必要があります。 (例えば、NTFSでフォーマットしてあるSSD・HDDはMacでは使用できません。) ですので今回は、 フォーマットの手間が省ける「最初からHFS+形式フォーマット済み」のものを中心に選びました。 データ転送の速さについて まずは外付けHDDをMacとWindowsPCどちらでも使えるハイブリットな形式にフォーマットする必要がある。(特殊なユーティリティをインストールすればその限りではないが今回は省略する。) HDDのフォーマット形式.