CreateObject関数は簡単に言えば指定したアプリケーションのオブジェクトを作成して返してくれる関数です。 Excel VBA マクロの CreateObject 関数を紹介します。CreateObject 関数は、ActiveX オブジェクトの参照を作成して返します。VBA の参照設定をしないで ActiveX オブジェクト [FileSystemObject など] を使用したいときに使用します。 VBAでオートメーションを扱う場合、参照設定する方法と、CreateObjectでオブジェクトを作る場合がある。 ネットのサンプルはどちらか片方で書かれているケースも多く、もう片方の方法が知りたいとき … インターネットのサンプルを見ていると、この参照設定に対応するCreateObjectが知りたい、あるいは、このCreateObjectに対応する参照設定が知りたい、ということはありませんか?

VBA 参照設定とCreateObjectは全く別の経路でオブジェクトを参照する。 下記では全部列挙してくれているので、レジストリを検索するのが面倒な時参考になりそうです。 Qiita - VBA Office 2010(32Bit)で参照設定可能なリスト 参照設定とCreateObjectの対応リスト はじめに. 参照設定を使う方法; です。 私が間違えた過ちはこれらの2つの方法を混合して使用していた点です。 CreateObject関数と参照設定の違い.