Wordの「アウトライン」機能で長文ドキュメントを作ると、あちこちで書式が思い通りにならず、ぐじゃぐじゃになる。ややこしくてキライ!と思っていた。 しかしどうやら、最初に「土台」となるレベルの構成を作るときに、きちんと設定をしていないから後でヘンになるらしい。 Microsoft Office Home and Business 2016でwordを使用しています(アップデートは最新)。 スタイルをすべて新規に作ったうえで、アウトライン機能を使ってスタイルに対応させ、またインデント位置とタブ位置を数値で指定して使っています。 Microsoft Wordのインデントを増やす機能 Microsoft Wordのインデントを増やす機能とは? Microsoft Wordのインデントを増やす機能とは、段落と余白の間にある隙間を1文字分増やす機能になります。 インデントを加える事で、その段落は他の段落とは別の独立した段落だと見せる事が出来ます。 ワードでのインデントに関する説明です。インデントは、ワードを使用するときに理解すべき大切な機能のトップ3に入るのでは。文字が隠れてしまったり、用紙の端に文字が打てなくなってしまったのも、このインデントのせいかもしれませんよ。 アウトライン; 新しいウィンドウを開く・整列・分割(ウィンドウ) 表示倍率の変更; ルーラー、グリッド線、ナビゲーションウィンドウの表示; 文章表示モード; 並べて比較; インデント. インデントをぶら下げる場合、[ぶら下げ] を選択し、[幅] にインデントの大きさを指定します。 自動調整 [ 1 行の文字数を指定時に右のインデント幅を自動調整する ] を選択すると、1 行の文字数が指定されているとき、段落の右のインデントが自動調整されます。 Wordのインデントを使えば、この部分だけ左端や右端(行頭や行末)の位置を内側に引っ込めたい!など、端を揃えたまま好みの位置に動かすことができます!この機能を知らずして「Word使えます」とは言えない、Word・ワードの超重要機能!