サイトのパスワードをブラウザに保存しているウサタロウくん。それを確認&整理する方法を、カメ先生が伝授します。 iPhone&Android™ 続きを見る. ブラウザにはフォームに入力した ID、アカウント、メールアドレス、パスワードなどの情報を記憶する機能があり、Internet Explorer(IE)ではオートコンプリート、他のブラウザでは自動入力などと呼ばれている。記憶する情報は主に2タイプある。 ウサタロウ. とりあえずスマホにすれば、楽しく便利に使えると思っている楽天家のウサギ。 カメ先生. ブラウザやPCでこのパスワードを保存しますか?と聞かれ、『はい』を押すと、そのパスワードは記録されます。 しかし普段あまり使用しないサイトで登録したIDとパスワードは忘れがちですよね? そんな時に便利な方法をご紹介します。 ①Windows10の場合 登場人物.

Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ を開きます。; アドレスバーの右にあるその他アイコン [設定] [自動入力とお支払い] をタップします。 [住所やその他の情報] または [お支払い方法] をタップします。情報の追加、削除、編集のいずれかを行います。

記憶と削除. AndroidのWi-Fi設定でトラブルが起きるときがあります。今回はAndroidでWi-Fi設定をしている方にはぜひ知ってほしいAndroidのWi-Fi設定で保存が完了したのに保存ができていない、削除されてしまうということの原因や対処法についてご紹介。 ウェブブラウザのGoogle Chrome(クローム)で、パスワードを保存したいのに保存できない場合の対処法です。 Photo credit: Betchaboy on VisualHunt / CC BY-SA 色々なサイトの会員ページなどにログインする場合のユーザー名やパスワードをブラウザに記憶させている人も多いと思います。 Google Smart Lockとはあまり知られていないかと思いますが、GoogleアカウントではChromeで見たサイトの履歴、Googleでの検索履歴などが残っています。そしてその中にはAndroidとChromeでログインしたサイトのIDとパスワードも保存されています。