Bluetooth Low Energyの低消費電力 [BLE(Bluetooth Low Energy)の開発依頼は、フィールドデザインまでお気軽にお問い合わせください。] Bluetooth Low EnergyをこれまでのBluetoothからさらに低消費電力にできた要因は下記のものです。

Bluetooth 電力消費期待を含むLE、 Bluetooth LEパラメータ. bluetooth ver3.0 とver4.0は60%の消費電力の違いがあるのですね。 一方でver4.0は消費電力を少なくする為に速度を1.0Mbpsに抑えているようですね。 という事は、bluetooth4.0に対応した機器同士を接続した時の速度は1.0Mbpsに抑えられるのでしょうか? Bluetooth ClassicとBluetooth Low Energy(BLE)の違いについてご紹介します。同時接続デバイス数、転送速度、消費電力の3つの違いがありますので詳しくご紹介します。 Bluetooth Low Energy(BLE)はClassic Bluetoothと同じ1Mbps*で 2.4GHz帯GFSK周波数変調の無線通信を使いますが、 もし送信電力を同じにすれば動作時の消費電力はあまり変わらないはずです。 では、なぜBLEは低消費電力が実現できているのでしょうか? *Bluetooth このビデオでは、電力消費とバッテリ寿命の基本を説明します。 Bluetooth 電力消費期待を含むLE、 Bluetooth 電力消費量に最も影響を与えるLEパラメータ。 ... 技術比較. Bluetooth は実際の数値が10メートル前後ですが、 WiFi では数十メートル~数百メートルの範囲で電波が届きます。つまり遠距離通信は圧倒的にWi-fi が有利ということです。 消費電力の違い.