Excelを再起動する Excel ブックのアイコンまたはファイル名をダブルクリックすると、Excel が起動し、ファイルの内容が表示される空白の画面が表示されます。 解決方法. Excel の新しいインスタンスを (別プロセスで) 起動します。 例. excel.exe /x "c:\My Folder\book1.xlsx" または.

Excelのオプション 「Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する」 が選択されると、様々な問題が発生する可能性があります。 たとえば、Excelを起動する場合や、Excel外部からExcelファイルを起動する場合、ブラウザで 「クエリー準備モードでエクスポート」 オプション … Excel を起動し、アドインの progID で指定されるオートメーション アドインを読み込みます。 例. excel.exe /a MyProgId.MyProgID2.1 /x. 起動している場合は、既に起動しているターゲットアプリにDDE接続しパラメータを引渡します。 この例では、[Excel]と言う名称のDDEサーバーに接続し、パラメータ(開くファイルのフルパス)を引渡します。 [Open("%1")] 6.Excelにファイルの内容が表示されます。 Excelデータの読み込みと書き出し ... Excel本体の事前起動は不要。

excel.exe /m /a progID.

Excelを再起動する Officeボタン(または「ファイル」タブ)-「Excelのオプション」をクリック 「詳細設定」を選択し、「全般」枠の「Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する]のチェックを外す. DDEの流れは、 Shell関数で、Excelを起動させる。 ExcelとのDDE通信を開始する。(DDEInitiateメソッド) 目的のExcelファイルを開く。(DDEExecuteメソッド) です。 DDEExecute メソッド Excelファイルを開く. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。 [全般] で、[起動時にすべてのファイルを開く] ボックスの内容をオフにして、[ OK] をクリックします。Windows エクスプローラーで、Excel を起動するアイコンをすべて削除し、代替起動フォルダーから自動的にブックを開きます。 Excelを再起動する DDE使用前に指定を推奨するオプション options noxwait noxsync; を指定するとSASプログラムがスムーズに実行される。 ... Excel DDE. なるほど、 Explorerから起動すると、 Explorerが Excelを 起動して、DDE通信というものを使って、Excelをリモコン操作して、Book1.xlsを開かせることになるので、こういうコマンドライン引数になります。 初歩的な実験として、GetCommandLineによりコマンドラインが取れるということは、いったん … このオプションが選択されている場合、Excel はまだ実行されていない DDE サーバーを起動し、データを Excel から送信できるようにします。 セキュリティを確保するには、このチェックボックスをオフのままにしておくことをお勧めします。 既定では、このオプションはオフになっています。 この問題を解決するには、以下の方法を記載されている順に試してください。 方法 1: DDE の無視の設定を変更する.

Excelを再起動する Officeボタン(または「ファイル」タブ)-「Excelのオプション」をクリック 「詳細設定」を選択し、「全般」枠の「Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する]のチェックを外す. では、これを C:\Temp\Book1.xls として保存して、まずは、Explorerからダブルクリックしてみます。 なるほど、 Explorerから起動すると、 Explorerが Excelを 起動して、DDE通信というものを使って、Excelをリモコン操作して、Book1.xlsを開かせることになるので、こういうコマンドライン引数になりま … 起動オプションの設定 アクション:open アクションを実行するアプリケーション:"C:\Program Files\Microsoft Office\Office\EXCEL.EXE" /e "%1" DDEを使う:チェック有り DDEメッセージ:[open("%1")] アプリケーション:EXCEL DDEアプリケーションが実行していないとき: 記述なし