機能制限とは? そもそも機能制限機能がどういった時に利用することができる機能なのかをご紹介していきます。 機能制限は文字通りお持ちのiPhoneに制限をかける機能のことで、iPhoneの所有者に使わせたくない機能を設定することができます。 子供には見せたくない動画がたんまり出てきました . 子供にiPhoneやiPadを使わせる際、使って欲しくないアプリを使われたり、長時間利用して中々やめてくれない。そこで機能制限を使って利用アプリを制限、紛失モードを使って強制的にiPadやiPhoneの利用をやめさせる方法をご紹介。 おすすめ記事:iPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合の対処法 最後に. iPhoneの「機能制限」パスコードは本体ロック画面のパスコードとは別で設定されるため、忘れしまった方もいるでしょう。そこで本記事では、iOSで機能制限パスコードをリセットする方法を紹介します。「機能制限」専用のパスコードを忘れてしまった場 ココでは紹介できません(^_^;) スポンサーリンク . 以上にように、iPhoneで機能制限を解除・オフすることができます。また、iPhone、iPad、およびiPod touchでは、機能制限(ペアレンタルコントロール)は、特定のAppや機能へのアクセスを禁止することができます。 お子さまがあんしんしてiPadをご利用いただけるように、iPadの機能を制限したり、対象年齢外のアプリの利用やダウンロードを制限することができるiPadのスクリーンタイムの設定方法についてご案内し … スクリーンタイムを使えば、App Store やその他の Apple のサービスでの誤購入や不正購入を防げます。購入時にパスワードの入力を必須にしたり、特定の種類のコンテンツ購入を防いだり、購入そのものを一切できないようにしたりすることができます。 機能制限 iOS 11には「設定」>「一般」>「機能制限」で、本体機能の制限やコンテンツの年齢制限を設定など様々な機能の設定をすることが出来ました しかしながら、iOS 12では、「設定」>「一般」に「機能制限」の項目がなくなってしまいました スポンサーリンク 何処行ったのか? また、iPad本体から制限をかける方法もあります。 「設定」ボタンから一般をタップし、「機能制限」をタップします。