iOS 11なら、このアプリで画面の共有が簡単にできます。下記がTeamviewerでiPhone画面をiPadにミラーリングする手順です。 iPhone: TeamViewer QuickSupportをiPhoneにインストールします。アプリを起動して、「Share Screen」ボタンをタップします。 iPhoneやiPadを使ってPCの画面を共有するアプリAir Display 2の主な特徴と使い方の紹介。資料の閲覧など、デュアルモニターとして利用できる。

QuickTime Playerは、MacOSに内蔵されており、デフォルトのアプリを使ってMacにiPadの画面を共有できます。Macの画面にコンテンツをミラーリングさせるQuickTimeには、たくさんのメリットがあります。無料で、すぐに反応して、簡単に設定できます。

iPad air 2019でskype for iPadを使用しているのですが、画面共有のオプションが表示されません。 使用しているskypeのバージョンは8.49で、iOSのバージョンは12.3.1です。 知人はskype for iPadを使用して(端末はiPad airではない)問題なく画面共有が出来ているようです。 ‎「Air Presenter - プレゼンスライド共有」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「Air Presenter - プレゼンスライド共有」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。 現在iPadを持ち合わせている方が沢山います。一人に対してiPadの画面サイズが十分大きいですが、複数の人に内容を共有する必要があれば、やはりiPadの画面をパソコンに映した方が見やすいです。今回はiPadの画面をパソコンに出力する方法4通りを紹介します。

ブログで画像を並べて書く機会が多い@fwhx5296ことShigeです。 アプリ紹介などで画面スクリーンショットを撮影した際は、2枚並べて配置したほうが見栄えもいいし、スペースも有効に使えるからです。 現在、2枚、あるいは3枚配置する際に使っているアプリがこちらです。 zoomのiOSアプリで画面を共有する方法をご紹介します。 例えば、KeynoteのプレゼンをiPadやiPhoneでZoomを通じて遠距離で見せたい。 そんな需要は多いと思います。 パソコンを使えば、画像が表示されてい […] 現在iPadを持ち合わせている方が沢山います。一人に対してiPadの画面サイズが十分大きいですが、複数の人に内容を共有する必要があれば、やはりiPadの画面をパソコンに映した方が見やすいです。今回はiPadの画面をパソコンに出力する方法4通りを紹介します。