iPhoneのバッテリー・電池は、Android機のように簡単には交換できません。その為、できれば、バッテリーの劣化を防いで、2年は使えるようにしたいところです。具体的にバッテリーに対しては下記のように扱うと良いようです。

目次 ・iPhoneは最大何年まで持つんだろう・・・? ・iPhoneを買い替えるならいつがベストタイミング? ・分割払いが終わるのを待たずに新しいiPhoneをGETする ・とりあえず無料査定してみる ・寿命を延ばしたいなら、バッテリーに気をつけるべし どうも! スマートフォンの充電の頻度の平均について。iPhoneでもandroidでも1日に1回、夜寝る前にコンセントに差して翌朝抜く人が多数派。2日に1回、3日に1回という人もいる。 iPhone5sで何もせずに放置してますが、3日すぎてもまだ動いてますね。 メインで使っているiPhone7は2日に一度充電しています。 丸1日中出歩いている時は家に帰ったら30〜40%ぐらい残っています。 iPhoneは機種代金が高額なことからも、当然ですが寿命が伸びるほどコスパが良くなります。 今回は、iPhoneの寿命年数や長持ちさせる方法を紹介していくので、日頃からバッテリーが気になっている方は参考にしてみてくださいね。 iPhoneの寿命はどれくらい?何年持つ?iPhoneの寿命は、アップル なんでiPhoneのバッテリーは1日しか持たないのか?日常生活の中で必需品のiPhoneですが、毎日のように充電をしないと1日しか持たないと思います。バッテリー性能は初代iPhone発売当初より格段に進化をしているのですが、なぜ1日しか持たないのでしょうか。