こんにちは、くろさるです。 iPhoneやiPadで登録しているWi-Fiネットワーク設定を削除する方法です。 駅やコンビニで無料のWi-Fiなどに一度接続してしまうと、 次回からは自動で接続してしまうので、 ちょっと不便だったりしますよね。 第一、無料Wi-Fiってセキュリティー的にちょっと不安なので、 履歴にあるSSID(ネットワーク)への再接続を無効にしよう [iOS] の説明でした。 Wi-Fiの自動接続を無効にするネットワークを個別に指定できるため、不安定なSSIDに限定して自動で繋がる煩わしさから解放されますよ。 この記事では、iPhoneで過去接続したWi-Fiパスワードを調べる方法を解説します。ルーター設定画面やパスワード保存場所へアクセスして確認できます。そのほか、iCloudキーチェーン機能やWi-Fiパスワード共有機能を使用する手順も説明しています。 Appleから発売されている新型モデル『iPhone7SPlus』や『iPadPro』などのiOSデバイスを最新バージョン「iOS10.3.2」にアップデート後に「これまでに接続したことがある公衆無線LANやWi-Fiスポットのネットワーク情報を削除できない!消去できない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザーが慢性 残念ながらWiFiの閲覧・接続サイトの履歴は基本的に消せません。しかし不要なWiFiのアクセスポイントの履歴は削除することが可能です。ここでは、WiFiの閲覧・接続サイトの履歴の仕組みの解説と、不要なWiFiのアクセスポイントの履歴を消す方法を解説していきます。 以上、 iPhoneで過去使ったWi-Fiに自動で繋がるのを防ぐ方法! 公開ネットワーク、セキュリティで保護されたネットワーク、非表示ネットワーク、過去に接続したことのないネットワーク、過去に接続したことがあるネットワークなど、デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続する方法をご説明します。 iPhone/iPad の Wi-Fi ネットワーク設定を削除・解除する方法を紹介します。 一度、接続した Wi-Fi ネットワーク設定は iOSデバイス(iPhone/iPad) に記憶され、次からはそのネットワークを検知すると自動的に接続されるようになります。 自動で接続してくれるので便利! Windows10 から Wi-Fi のネットワーク設定を削除する方法を紹介します。 Wi-Fi の接続設定では「既知のネットワーク」をすべて確認することができ、過去に接続設定を行った Wi-Fi ネットワークは削除することも可能なので、不要な場合はその設定を削除しておきましょう。 iPhoneでwifiパスワードを簡単に表示確認するアプリや方法。パスワードを間違えた後、入力できない時や、過去に接続したwifi削除法も。iPhoneとmacで簡単共有する手順も。何度も「パスワードが違います」が出る時の対処法も。iPhoneのwifiパスワードを共有する方法ここでは、iPhoneと相 …