-maxdepth 0 -type f -newer first_file 複数ディレクトリをfindで検索する場合、特定のディレクトリを検索対象外にする方法です。 findコマンドの「-prune」と「-o (-or)」オプションの組み合わせで実現することができました。 UNIXの部屋 コマンド検索: find より -prune それ以上ディレクトリを降りない。 ファイルの検索 (find)find コマンドを使うと、指定した条件に合致するファイル名の検索を、特定のディレクトリから開始できます。 たとえば、特定のパターンに一致するファイル名や一定の期間内に変更されたファイル名などを検索できます。 あのファイルが見つからない。そうだ、grepしよう! Linux上でファイルを探す時に便利なgrepコマンド。 オプション無しだと同じディレクトリしか見てくれません。 探したいファイルの場所に全く検討がつかないときなど、ディレクトリ配下全部をgrepしてほしいですよね? )と1桁の数字で終わるファイルを表示します。ただし gitレポジトリを含むディレクトリで、findコマンドを使うと、 .git/ 以下のファイルに検索が入って実行速度に影響する場合があるので、 shellのfindコマンドで、特定のディレクトリを検索対象から除外する方法について ファイルやディレクトリの情報を取得・表示 するには 「ls」 コマンドを使います。 この記事では以下の内容について解説していきます。 「ls」はLinuxのコマンドの中でも最も基本的なコマンドとなります。 ここではそんな 「ls」コマンドについてわかりやすく解説していきます! 指定ディレクトリ配下を見たいとき $ ll -d $(find /foo/bar) または $ ll -d `find /hoge` カレントディレクトリ配下を見たいとき $ ll -d $(find `pwd`) または $ ll -d `find ./` ll -a とかでもいけるらしい. サブディレクトリは探さないようにする 指定したディレクトリ内のみを探し、その下のサブディレクトリまでは探さないでよい場合は、-maxdepthオプションでディレクトリの深さを指定します。 find . サブディレクトリまで再帰的に検索 ls -R. なんかこれでもいけるらしい. サブディレクトリまで再帰的に検索ls -Rなんかこれでもいけるらしい指定ディレクトリ配下を見たいとき$ ll -d $(find /foo/bar) または $ ll -d `find /hoge`カレントディレクトリ配下を見たいとき$ l なんかCLIマジック:使って役立つワンライナー入門なんてのがあって気分が盛り上がってきたので、僕もワンライナーっぽいのを書いてみるよ。 困ったこと 例えば、カレントディレクトリ以下にあるファイルの名前を全部見たいとき、素直にfindコマンドを使うとこうなるね。 find [オプション] [検索開始位置パス] [検索条件] ファイルを検索をするコマンド。 [検索開始位置パス]以下のサブディレクトリのファイル・ディレクトリを[検索条件]で検索する。 検索条件-name [文字列] :[文字列]を含んだファイル・ディレクトリを検索する。 Linuxでファイル・ディレクトリを検索するためのコマンド「find」について説明します。また、あわせて「find」コマンドの便利な使い方も紹介します。 【find】ファイル・ディスクリプションを検索…

カレントディレクトリの下にあるローカルファイルシステムに存在するcoreファイルを表示します。 $ find . -fstype local -name '*core*' ./core $ カレントディレクトリの下にある,ファイル名がドット(. findコマンドで特定のディレクトリを検索対象から除外する May 4, 2016 on Shell.