が、Catalina(カタリナ)では予測変換もいちいち変換の言葉を自分で探して変換しなければいけないことが多くなり困っていました。 この記事ではMacのライブ変換がおかしい時に取るべき対策について紹介していきます。 こんな記事も読まれてます. webブラウザに表示される入力欄に、なにか入力すると過去の入力文字を表示してくれる便利なオートコンプリート(予測変換候補)機能があります。 ただ、入力間違いや外部のpcを使っている場合、オートコンプリートで補完されて表示される文字が邪魔になる時があります。 Macの文字変換がおかしい・勝手に予測変換される時はライブ変換をチェックしてみましょう。 Macの文字変換がおかしい・勝手に予測変換される時の直し方. 変換はできてもタブが出なくなり、意味を教えてくれる吹き出しが白いままでバグるようになっています。 Mac を再起動しても問題が継続している場合は以下を試してください。 Mac の起動を完了できない場合にセーフモードを試す - Apple サポート Macで文字入力中に、変換候補で出てきた予測変換のテキストボックスが消えないで残ってしまう現象。 近頃Macで文字入力をしていると、よく遭遇するバグの一つです。 以前のMacでは起こらなかったは … Macの文字入力や変換が遅いかな?と感じたときは以上に紹介したTipsを参考にしていただければと思います。 お使いのMacによって状況は様々なので、どのTipsがいちばん効くとは言えないのですが、ひとつずつ上記のTips また Mac の日本語入力は日本市場のいわゆる流行語は全然弱く、 Google 日本語入力の方が逆に優れています。. 最近、Mac(OSはmacOS High Sierra)の変換が時々おかしいことに気がつきました。よく調べてみると、アルファベット1文字の変換候補に変なものが紛れ込んでいるようです。私の場合は、「r」の変換候補が「パテ」!「m」の変換候補が MacBook Airを購入してしばらく経ちました。MacBook Airが初めてのMacだった私ですが、スペースキーの両隣にある「英数」「かな」キーによる IME の切り替えがあまりに心地よいため、Windowsの「変換」「無変換」キーで同じようにできないか調べてみました。 参考 Google日本語入力 Google.